首・肩・腰のお悩みなら、大阪府門真市の【整骨院・鍼きゅう院・マッサージ院ゆう】

072-883-1007

施術内容

手技療法

術者の手により適度な刺激で筋肉をほぐしたり、血流を良くして代謝を上げ、症状の回復につなげます。骨盤・肩甲骨の歪みやねじれを整え、リンパ・血液・脳脊髄液の滞りを流すことで自律神経を安定させ、免疫力も高めます。

力士とハイボルテージ療法

■稽古後に手技療法を受ける力士。

鍼灸

鍼灸とは、鍼(はり)や灸(きゅう)で体のツボを刺激し、自然治癒力を高める、中国を起源とする伝統医学です。手指では触ることができない身体の奥深くを鍼で刺激することで、血液の流れの改善、筋肉や腱の疲労回復、自律神経を整え、ストレス解消や代謝を良くする効果などが期待されます。

物理療法

電気刺激・超音波・レーザー光線・牽引など、物理的なエネルギーを利用して身体の疼痛や筋肉・関節拘縮、筋力低下といった症状や障害に対して改善を図ります。

ハイボルテージ療法

「ハイボルテージ療法」とは、欧米で最も使用されている治療法の一つで、高電圧電流による刺激を皮膚に抵抗を与えずに深部組織まで到達させ、直接患部の炎症の抑制、痛みの軽減、治癒力の促進する治療法です。日本においてもその治療効果と安全性が認められ、新たな治療器として注目を浴びています。当院もこの治療法を取り入れ、より短期間で効果的に治療を行います。

  • 低周波治療器
  • 超音波治療器
力士とハイボルテージ療法

■膝の痛みに「ハイボルテージ療法」を受ける力士。
その効果はアスリートからも支持されています。

力士とハイボルテージ療法

■圧倒的な効果と即効性に力士も推奨。

ロンドン五輪で日本人選手のサポートに使用されるなど、世界の頂点を目指す一流アスリートも認めた治療法です。従来の電気治療に比べ短時間で痛みを軽減できるため、効果がその場で要求されるスポーツの現場で用いられています。スポーツによるケガやケガの後遺症にお悩みの方はぜひ一度お試しください。

包帯・テーピング療法

包帯やテーピングにて患部を固定、関節の動きを制限、筋肉の補助などをしていきます。 包帯による固定はギブスとは異なり、毎回ほどいて患部を確認することもでき衛星的です。また適切に巻くことにより、日常生活に支障が出ない形で患部を固定し、再受傷のリスクを軽減することができます。テーピング療法をする目的には主に関節を固定する働きと、関節や筋肉が動きやすい状態にして、その機能を上げる働きがあります。

求人情報

ページトップへ